スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入生第6号! 

こんばんは、初めまして、
「おかゆ」こと「おかゆな」こと「いずみ」こと「ゆうな」こと
北海道大学法学部1年の岡泉です。

今まであだ名がなかった私ですが、大学生になってようやくあだ名ができました。!
どうぞご自由にお呼びください\(^o^)/


先日、学祭が終わりました。あっという間でした。燃える前に水かけられた気分です。
私は主にフェアトレード商品の売り子をしていました。声が枯れました。

色々な方とお話しできて、すごく楽しかったです。

おばあちゃんからほっこりした優しさをいただきました。
おじいさんから環境保全についてお説教をいただきました。
3歳くらいの男の子がホットドックを「食ーべーてー!」と、一口くれました。
2歳くらいの男の子にお家にお呼ばれしました。

でも、ひとつ心残りがあるのは、私自身の商品知識の不足です。
せっかくお声をかけてくださっても、うまく説明できずにしどろもどろ、、

「やりたい」だけじゃ駄目なんだなと思いました。
当然、意欲がなきゃ何も始まらないけど、それに追随し得る知識も備えていないと意味がなくて。

何に対してもそうです。
海外に行ってみたくて、特に発展途上国に行って開発経済を見たくて、
その様子を肌で感じたくて、国際協力に携わってみたくて、私は結に入りました。

それだけでは足りないんです。
確かに百聞は一見に如かずと言いますが、インプットが無ければアウトプットできません。

8月末のスタツア、すごく楽しみです。
だけど、今の私のままでは消化不良起こしそうです。

だから、勉強しようと思いました。
あと英語!えいご!エイゴ!EIGO!


でもその前に、Salama Tonight vol.6(6/20)です!
前回のvol.5は観ているだけでしたが、ついに私たち5代目も主催側に立ちます。

ドキドキです。ね。
まだまだ先輩方の背中を見ているだけですが、沢山吸収したいと思います。

ぜひ6月20日はmoleへ!どうか足をお運びください!


なんだかぐだぐだと冗長な文章になってしまいました。
もう収拾がつかないので、この辺で\(^o^)/

この記事へのコメント

このブログを読んでいて、「耳をすませば」が思い浮かびました。見たことないならもう一度是非見てほしい。「意志があってもぞれだけではダメで、もっと知識がなくては」と泣きながら言う主人公しずくに語りかけるおじいさんのシーン、特にその台詞には本当に感動するし、宮崎駿すごいって思う。

あれは表向きには甘酸っぱい青春物語としてとられているかもしれないけれど、そんな魅力ならほかの映画にだってある。「耳をすませば」は物を作る人たちの話だし、なにかを始めようとする人たちすべてにやさしい視線を投げかけている。そういう視点で見ると全く違った「耳をすませば」が見えて本当に面白いと思う。

コメントありがとうございます!

「耳をすませば」見たことはあります。
でも、そうですね、
甘酸っぱさに悶えるまででした。もう一度見てみます!

ジブリ作品って、何度見ても新たな発見がありますよね。
小さいときに見たのとはまた違って、新鮮さは健在で。

また違う発見と視点を探そうと思います!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuiyui7.blog85.fc2.com/tb.php/245-32efc5ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。