スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イレギュラー更新 

たまにはこういうイレギュラーな更新も、と思ったので次指名の史奈の前に、工学部4年の大橋が今回はお送りさせていただきます!

本日は「BASURA」上映会が開催されました。足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
(そして何も関われなくてすいませんでした→結メン)

個人的な感想をいうと、「BASURA」は衝撃の映画でした。自分たちが去年行ったフィリピンでの現状を、そのまま映画にしている。と感じました。最初に映し出された信号で止まっている車に近づいてくる物売りの人々。本当に現地で経験したことそのままです。

そして映画のところどころにおりまぜられる過去のフィリピンの様子。

思ったのは、何も変わっていないということ。


映画を見ていて、去年の夏にフィリピンで経験したことがどんどんフラッシュバックしてきました。

日本にいては感じれないような衝撃。そういったものを周りに伝えていくために「結」は存在しています。今回の映画は、まさにそういった「衝撃」を多くの人に与えていたと思います。

話は変わって、映画の最初に団体紹介がありました。代表の江口、お疲れ様。

札幌には国際協力に関する団体が結以外にもたくさんあります。今回の主催である「CFF,CCC,サンティエ,ドサンコNICE」…などなど。他にもたくさんあります。

そういった団体は、それぞれ活動理念が違います。だから、活動内容も変わってきます。

でも、どの団体も根底にあるものは同じはずです。世界の人々の助けになりたい。
活動理念は違えど、世界を変えたいと考えている人々がこんなにもたくさんいるんです。

でも、まだまだ足りません。なにせ、世界を変えようというんだからまだまだ全然足りません。

ここからは個人的な野望ですが、こういった他の団体をも巻き込んで、札幌に大きなチャリティームーブメントを起こせたら。と考えています。

これがおそらく結の活動意義でもあり、存在意義でもあるんじゃないかな。ってさっきふと思いました。

代表がいつだかのブログで「世界は俺が変えます」なんてことを言ってました。

あついですね。こんなあつい代表でも、今日の団体紹介はテンパッてました。笑

自分はそこまでのことをいうつもりはないです。別に自信が無いとかそういうことじゃないです。ただ、ニュアンスの違いかもしれませんが、俺はもっとみんなにこの世界の現状を知ってもらいたい。その気持ちがでかいです。

知ってもらって、そこからその人がどうするか。それはその人の勝手です。
でもそのきっかけを作り出せるような、そういった団体を俺は目指したいです。

「YOUとIの関係を結ぶ」わかりにくいかもしれませんが、俺はそういうことだと解釈してます。


札幌からどでかいムーブメントを起こしてやるぜ!っていう熱い気持ちを持った人、一緒に活動しましょう!連絡先はこちらです。→yui.international.cooperation@gmail.com

「世界をみんなで変えていこう」

以上、大橋でしたー  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。