スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月のチュウジュン 




お待たせしました




また、ボクです。




しつこいでしょう、そうでしょう。



でもきっと、三月のごとく



成れの果ては羊のように穏やかな文章に、、、、



March comes in like a lion, and goes out like a lamb.



ボクの大好きな将棋漫画のタイトルに書かれてるやつですね。(イギリスの古いことわざ?)





まぁ、いままでの文章がライオンのごとく荒れているわけでは無いと思いますが。




個人的には宗谷くんが大好きです。


いつぞやのヤングなアニマルの雑誌で、白い袴を着て対戦相手の零君の前にふわっと座るシーンが印象的すぎて、もぉ、













もぉ!(惚)












宗谷くんのように


将棋の鬼と呼ばれるくらい、そのことだけに集中できる人間になりたいです。



そんなことは、さておき。








結が登録されている



北海道国際協力学生団体ネットワーク

HICSAN





の告知です。







え?、「SalamaTonight Vol.5」じゃないのかって?








まぁ、それは次にボクが書くときに。。。。。。













なんと!



葉田甲太さん来ちゃいます!!!






詳細は、こちらです。




あ、『こちら』の部分をクリックしてください。




しつこいですね、ごめんなさい。



ついでに、「いいね!」も。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


HICSAN新歓イベント

映画 ”それでも運命にイエスという。

”上映会&監督葉田甲太講演会




HICSANの新入生歓迎イベントを兼ねたHICSAN共催によるドキュメンタリー映画上映および監督講演会を開催いたします。
多くの方のご参加をお待ちしております。
*****
【詳細】
とき 2012年4月14日18:00~
ところ かでる2.7 大ホール (中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
)
映画 “それでも運命にイエスという。” (監督:葉田甲太, 小川光一)
講師 葉田甲太
料金 一般:1000円 学生:500円 高校生以下:無料
お申し込み sapporo.suy@gmail.com (お名前, ご所属を明記してください)
後援 (財)札幌国際プラザ, 札幌市, 札幌市教育委員会, 北海道新聞社,
   JICA札幌, えべつ協働ネットワーク, 福粧堂
主催 北海道国際協力学生団体ネットワークHICSAN, haruna
facebookページ http://www.facebook.com/sapporo.suy

向井理主演”僕たちは世界を変えることができない。But we wanna build a school in Cambodia.”のモデルでもあり、原作の著者でもある葉田甲太さんが撮影したドキュメンタリー映画の上映と講演会を開催いたします。

「HIVに対する偏見を少しでもなくしたい」という監督葉田甲太さんの想いがきっかけとなり撮影された”それでも運命にイエスという。”は、カンボジアのHIV患者へのインタビューを通して、彼らの生の意思を強く映し出しています。

予告編 http://www.youtube.com/watch?v=dF0dw5jrjKI

毎年一万人がエイズで死亡しているカンボジア。
母子感染でHIVに感染した子供たち。
一回5ドルで体を売る売春婦の方。
政府により強制移住させられたエイズ村。
末期のAIDS患者さんが集まるホスピス。
年々、HIVの感染率が上がる日本。
そして、その日本に生まれた自分。

-葉田甲太監督コメント-
この映画を作ろうと思ったのは、エイズ病棟で一人で死んでいく彼女たちを見て、彼女たちが生きていた事を残したいと思ったからです。この映画はいわゆるドキュメンタリーとはきっと違います。大袈裟ですが、この映画を見終わった時に、生きる意味を考え、HIVに関する知識が増え、少しでもHIVに対する偏見がなくなってほしい。そういう思いでつくりました。カンボジアに行った事がない人や国際協力に少しでも興味がある人に是非見てもらえれば嬉しいです。

--言葉にならない。どんな言葉を絞り出しても嘘になってしまう。
               映画”バトルロワイヤル”監督 深作健太さん
--死ぬまで生きるという強い生き方がある。世界から黙殺されてきた彼らの生きた証からこの映画は目をそらしてはいない。     小説家 角田敏康さん
--メッセージ性の強さが撮影技術や編集技術を超越し、見る者の心に直接訴えかけてきた。               NGO LIVEonWIRE 西本武郎さん

[葉田甲太]
1984年5月生まれ。兵庫県出身。日本医科大学医学部卒業。現在、研修医として勤務。
学生国際協力団体「あおぞらプロジェクト」, 「GRAPHIS」元代表。
2006年、3000人を超えるチャリティーイベント等を開催し、カンボジアに小学校を建設。
2010年、「僕たちは世界を変えることができない。」を小学館より出版。映画”それでも運命にイエスという。”全国上映ツアー開催。
2011年、「僕たちは世界を変えることができない」映画化(東映,主演:向井理)。小川光一と共に国際協力カフェINSTEP LIGHTオープン。




↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑詳細はこちら↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


です。




ぜひ、お越し下さいm(_ _)m



そうなんです。


とうとう新歓の時期に近づいたんですよ。



あっというまに3年生です。



最初に、「ボクです。」って書いて



小学生の頃やっていた、「ぼくのなつやすみ」のゲームのことを思い出しました。





20歳になったボクが思うことは、




小学生が小学生の夏休みに、小学生が夏を楽しむゲームするなよ;;;;;




むしろ、小学生の自分が外に出て虫採りや魚釣りするべきだろ!!




って、思っちゃったり。




さて、来週のボクの書くブログは、



昔話かもしれないですね(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuiyui7.blog85.fc2.com/tb.php/218-c8352ee7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。