スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一話 「汽笛」 

汽笛が鳴った。
春のそよ風が袖を泳いで朝日を浴びる。
「浪漫は何処へ消えたのか」自然とそんな声を出してしまう。
流線型の白い電車を見送る背中には淋しさが浪漫へと走りだす。
「明日は昨日の現し身である」
祖父の遺言が心を動かす。あの言葉の意味が不意に解った気がした。
向い風が吹く。全てが私から去っていく。何も残らない。私の心の中の悪魔さえも昇華し骨格だけが自らを動かす。
昨日の私の行動が私をこの様な状態にしたのだ。全ては昨日の5時から始まった。
全ては5時から…全ては

第一話「汽笛」 完

文責:水野佑哉
テストが終わったので久々にブログ更新しました!!^o^
みんな夏休みを楽しみましょう!!^o^









この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuiyui7.blog85.fc2.com/tb.php/336-e1ae665a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。