スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五話「波際」 

* * *

汽笛が鳴ったので、僕は発車だと思った。
寝待月夜に影深く、確かそんな夜だった。遠く薄暗く姿を残す灯台跡の彼方、水平線を見遣る。
―――夜の海には近づかない、近づきたくないの。私の身体を連れていってしまうから。ほら、夜風が吹くでしょう。綺麗な細波(さざなみ)。母を飲んだこの海、父もすぐに溶けてしまった。不思議ね、淋しくなんてないけれど呼ばれている気がする。私ね、海嫌いなの。


それだから、という訳ではないのだが、決してないのだが波際に佇む彼女の背に僕はふと声をかけてしまったのだ。

―――儚げだね。
ぽつり。水面に揺れる月光に彼女は言葉を乗せたのだろうか。
彼女。
夜風

波足。

彼女。

彼女。
ああ、思えば確かに僕はこの時触れていたのだ。美沙の四肢の奥深、虚心に残る僅かな覚悟を。ただそれを慮るには僕はあまりに幼かった。

―――また流れるの、きっと。
欠けたチークケースの蓋を海背に浮かべ、彼女はそっと膨らみかけた腹に手を置いた。不思議と同情の念はなかった。この世の穢を知らぬままに生涯を閉じるその子がややもすると羨ましくすらあったのかもしれない、父となる人間を思えば尚のことであった。

二度目の汽笛が鳴る。音もなく帰路についてゆく彼女を引き留める術をこの時僕は持ち合わせてはいなかった。

僕は独り、汽笛と夜を明かした。

* * *

一層、影深い寝待月の夜。
慣れない歩幅で駐車場へと向かう鷹岡と美沙。
去り際僕はそっと美沙に耳打ちをした。

「海、いこうか。」



汽笛が鳴ったので、
僕は発車だと思った。

また隧道(トンネル)であるということは、
なんとも自由の束縛である。

樹々は野に立っている、
従順な娘達ともみられないことはない。

空は青く、飴色の牛がいないということは
間違っている。


僕の眼も、青く、大きく、哀れであった。



中原中也『(汽笛がなったので)』
より一部抜粋




いやー長ったらしいですね。夏休みもそうありたいもんです。
缶チューハイ2本でここまで厨二アクセルベタ踏みでいけるから恥ずかしいです笑笑
北海道はまた叙々に夏から遠ざかっていく感じの季節になりそうですね
あ、結メンは旅行者多いからまだまだ暑い夏を過ごすのが多数派かもです
微妙な夏風邪とかひかないように気をつけましょうー

(あとで恥ずかしさのあまり死にたくなってもいいように匿名でお願いします笑笑バレそう)

第4話 「邂逅」 

美沙はまっすぐ、まっすぐ僕を見つめていた。
「私、明日から鷹岡美沙になります。」

こうなることは5年前から決まっていた。それなのに美沙の口から改めてその言葉を聞くと、受け止めきれない悲しみが心の奥底から止め処なく湧いてくる。

「…コウちゃん、せめて式には……来てよね」
美沙は贋物の笑顔を作りながら、懸命に声を絞り出す。



――それからは互いに目を合わせることもなく、再び長い沈黙が僕らを覆った。
「タバコ買ってくるわ。」
耐え切れなくなった僕は一旦その場を去ろうとした。

その時だった。夜と共に、ある足音がやってきた。暗くて視界は悪い。しかし、靴音がその主を教えてくれる。
「……鷹岡!」

「チョリッス航也くぅ~ん★あの時以来じゃ~~ん」
独特の甲高い声に、うざったい絡み方。トレードマークのタンクトップに、妙に長い靴下。地獄の炎に焼かれたようなおぞましいアフロヘアー。そして地獄の公衆便所のような口臭。日本全国、いや世界、天界、冥界を探そうとこのような人物は鷹岡以外に存在しない。

「あれっっミサミサこんなとこにいたの~??心配したゾッ♪」


――何の因果か、この場所に、この日に、このメンバーが集まった。
運命の悪戯か神の導きか、そんなことはどうだっていい。とにかく、5年前の過去を清算するラストチャンスが僕に巡ってきた。



第4話 「邂逅」 完

先週のジャンプは合併号だったので、今週は何もする気が起きません。赤マルでも買って一端の漫画評論家ごっこでもしてみようかと思います。それもめんどくなったら家でジメジメしてます。

6・5代目 高木

第3話「愛惜」 

空は黄昏を前にしてなお、明るく全てを照らしていた。僕の少し前を静かに歩き続ける美沙。さっきの表情、声色が今の美沙の全てを物語っていた。

どこへ行くのかはわかりきっていた。

僕たちは暑さに歪む空気のなか、ただひたすら登り続ける。
「あれからもう5年なのね…」
着いた先は子供の頃よく遊んだ、山の上の小さな公園。美沙の目に今何が映っているのか僕からは見えなかったが、美沙の声はかすかに震えていた。
ここからの景色は僕も久しぶりだ。


全てが変わった5年前のあの日。
全てを失った5年前のあの日。



長い沈黙が僕らの心を加速させる。



「もう限界かもしれない。時は来てしまったのね。」
それは初めてみる美沙の表情だった。


第3話「愛惜」 完


ついに僕も今日でテストが終わりです!
暑さに負けず元気に頑張りましょう!
6代目 藤田

第2話「漆黒」 



「コウちゃん!」
混じり気がなく、暖かな陽だまりのような声が僕の全てを包み込む。
「その呼び方はやめろって言ってるだろ。」
振り向きざまに出来るだけ自然に繕ってみても美沙の顔が見えるだけで、そんな強情が馬鹿らしく思えてくる。

いつも時計台の下で僕たちは待ち合わせをする。 時計台の針は5時を過ぎていた。
8月の暑さは全てのものにまとわりつき、時計台の針でさえもだらしなく時を刻んでいた。

「今日は行きたいとこがあるんだ。」
美沙は沈黙を嫌うかのように唐突に切り出した。しかし、その声にはいつもの暖かさは感じられなかった。

第2話「漆黒」完

暑くなってきました、体調に気をつけて、頑張りましょう。
6.5代目 市橋






第一話 「汽笛」 

汽笛が鳴った。
春のそよ風が袖を泳いで朝日を浴びる。
「浪漫は何処へ消えたのか」自然とそんな声を出してしまう。
流線型の白い電車を見送る背中には淋しさが浪漫へと走りだす。
「明日は昨日の現し身である」
祖父の遺言が心を動かす。あの言葉の意味が不意に解った気がした。
向い風が吹く。全てが私から去っていく。何も残らない。私の心の中の悪魔さえも昇華し骨格だけが自らを動かす。
昨日の私の行動が私をこの様な状態にしたのだ。全ては昨日の5時から始まった。
全ては5時から…全ては

第一話「汽笛」 完

文責:水野佑哉
テストが終わったので久々にブログ更新しました!!^o^
みんな夏休みを楽しみましょう!!^o^









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。